2013年10月26日

更年期の血管中の酸化が更年期障害の原因?

更年期の血管中の酸化が更年期障害の原因?

そのつらい冷えや肩こりに『第3類医薬品』トコフェロンEナチュール


卵巣の働きが鈍くなるのは閉経が近づくためであり、この時期に女性ホルモンの「エストロゲン」の量が減ってしまいます。

このエストロゲンは、卵巣で作られるもので、子宮内膜や子宮自体の発達等に関わってくるものです。


エストロゲンの量を調整しているのは卵巣ではなく、脳の視床下部に存在する「下垂体」です。

更年期の時期になると、この下垂体が卵巣にエストロゲン分泌の指示を出しても、卵巣の機能が鈍くなっているために分泌しにくくなってしまいます。

そこで、さらに脳は司令を出しますが、やはり正常に働かないために脳が混乱・・・これが更年期症状の原因とされています。


そこで大切になってくるのが、正常なホルモンの分泌に近付けるためのビタミンEです。

ビタミンEは、細胞や血管などに多く存在するもので、更年期障害の症状(冷え性、肩・首のこり等末梢血行障害)を改善してくれる働きをします。



トコフェロンEナチュール


[PR]キャンデト茶のくちこみ評判…便秘は治る?本当に痩せる?
posted by トコフェロンが効く秘密&割引購入 at 22:39| 更年期の血管中の酸化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。